園の理念

img_rinen

一人ひとりを大切に

信頼できる保育士、仲良しのお友達、好きなことへと没頭できる時間と空間。自由や権利の保証は、「自分は大切にされているな」「人生って楽しいのだな」という自己肯定の気持ちを育みます。また、それは世界全体を肯定的に捉える気持ちへと繋がります。この肯定する心こそが「感謝の気持ち」や、「素直な心」、「他の命や物を大切にできる心」を生みます。 

仏様のお言葉に「天上天下唯我独尊」というものがあります。これは「この広い広い世界の中で、僕も私もたった一人だけしかいませんよ。だから、とってもとっても大切なのですよ。」という意味を持ちます。はたして、自分が大切にされていない子が、他の命や物を大切に扱うことができるでしょうか?世の中はつまらないと諦めてしまっている子が、世の中に感謝の気持ちを持つことができるでしょうか?

現代社会のキレる子どもたちは、しつけが十分になされていなかったのではありません。どこかで心に傷を持ち、どこかで世の中に絶望がある子どもたちなのだと思います。

まず教育うんぬんを語る前に。仏教だ、保育だと肩肘を張らずに、子どもたち一人ひとりの気持ちをしっかりと受け止め、心を通じ合わせること。真心を込めて保護してあげること。子どもたちの無我夢中の時間を保証してあげること。ひなどりではどんな花の種をまいても素敵な花が咲くような、心の土壌作りのお手伝いを、まず何よりも大切と考えます。

浦和ひなどり保育園 保育理念

「ありがとうの気持ちを持ちます」
・・・<明> 慈心不殺(生命尊重の保育を行おう)
「決まりをよく守ります」
・・・<正> 仏道成就(正しきを見てたえず進む保育を行おう)
「仲良く助け合います」
・・・<和> 正業精進(よき社会人をつくる保育を行おう)

『ありがとうの気持ちを持ちます』

自己肯定感を育む

自身を肯定的に捉える力が他者や世界への感謝の気持ちを育みます。

「生きてるって素晴らしい!楽しい!」
温かい人間関係、環境を通して世界を肯定的に捉えるプラス思考を育てます。

繋がりへの気付きを促す

各分野の専門性が高まり、関係性が見えにくい世の中で、
様々な生活体験や自然体験などを通して、
人と人、人と自然との繋がり(感謝)への気付きを促します。

『決まりをよく守ります』

自立と自律を育む

大人は一歩下がり環境や仕組みを整え、手を出し過ぎず見守ることで、
子ども達の自立と自律を育みます。

自由と責任、権利と義務を学ぶ

歳児なりに意思決定のプロセスに参画させ、
選択や決断が自身の運命を形作る事を乳幼児期から学んでいきます。

『仲良く助け合います』

多様性を認め合う

安心して自分らしさを発揮できる環境の中で、
違いはチャンスであることを学び、多様性を認め合う心を育みます。

相互貢献、相互扶助を学ぶ

自分に出来ることで互いに貢献し合うことで豊かな日々を作りあげ
人と人とが助け合うことの喜びを学びます。

浦和ひなどり保育園 基本方針

人間性を尊重する保育

笑顔と真心の保育

  • 笑顔と真心で子ども、保護者、地域との関係を豊かに築く職員集団
  • 向上のための大志を持ち、皆で同じ保育の夢を追いかける職員集団
  • 子どもの人権を尊重し、一人ひとりの子どもの声に出来るだけ耳を傾ける職員集団
  • 肯定的な子ども観を持って子ども達の良い所探しをし、それを伝え合う事が出来る職員集団
  • 共通認識を大切にし、その中で各職員が主体性を持ち、責任を共有する職員集団
  • 自身がハッピーに生き世界を肯定的(ポジテイブ)に捉える職員集団<余裕や柔軟性の尊重>
  • 他人の欲求充足の邪魔をせず、互いの欲求充足を手伝い合う職員集団
  • 大人同士も人間性を尊重し、得意な事で自らを活かし、苦手な事を助け合える組織作り

多様性を認め合う保育(違いはチャンスである!)

  • 一人ひとりのかけがえのない価値を発見し、その人らしく発達する機会を尊重する
  • 安心して自分らしさを発揮できる風土 互いの違いを尊重し、長所を活かし合い相互に貢献し合う関係の構築
  • 職員、子どもが主体性を持ち自由と責任を共有する関係
  • 心理学の活用(選択理論、PCM®など)『信頼関係を構築』し『欲求を充足』させた方が良いパフォーマンスが出来る等
  • 人間の多様性を学び、より効果的なコミュニケーションや保育環境の在り方等を学ぶ
  • 困難を抱える子ども、家庭に対する特別の配慮

創造性を育む保育

  • 共通の理念の基、常に方法論を見直す保育
  • マンネリを打破し、豊かで楽しい日々を自分達の手で作り上げる保育 <成功の反対は失敗ではなく、何もしない事>
  • 変化や失敗を恐れず、主体性を持って様々なチャレンジをし、それを励まし合える関係
  • 創造性を発揮する場やツール、自身の120%を出せる環境の構築

子ども主体の見守る保育

見守る保育

  • 子ども達の自立、自律に向けて大人は一歩下がって手を出し過ぎず見守る保育
  • 子どもが失敗から学ぶ経験の尊重
  • 自らの手で作り上げる子ども達の世界の尊重 <遊びを中心に子ども達が育ち合う場>
  • 個々の子どもの発達段階や特性、欲求などを理解することに努め、それに応じた子どもとの距離を考える保育
  • 子どもの個人差に柔軟に対応し、基本的な生活習慣の基礎を培う
  • 「子どもの想い」と「大人の願い」の両立を目指した環境や仕組み作り
  • 子どもたちが自ら課題を見つけ、考え、学び、主体的に活動するための環境作り
  • 安心して自分を発揮でき、夢中で遊び込む中で発達を助長するような保育環境作り
  • 発達段階で出てきた様々な意欲や欲求を出来るだけ否定しないですむ環境作り
  • 人、物、場所、時間、ルール、など子ども達の育ちに合わせて保育環境を柔軟に見直す保育

意欲を育てる保育

  • 「自身の選択と決断が運命を形作る」ことを乳幼児期から学ぶ
  • 大人も子どもも希望に向かって日々のワクワク感を大切にし、積極的にチャレンジし、豊かな日々を目指す保育
  • 「ラーニングゴール」内発的動機づけの尊重
  • 結果より過程を重視する保育  日常の自由遊び > 日常の課題保育 > 行事
  • 自身の可能性に自分で気付けるような援助
  • 「ねらい」を意識した行事等の再構成
  • 生き生きとした活発な活動、静寂、休息、集中といった異なるタイプの活動を交換的にバランスよく用いる

異年齢によるチーム保育、選択制保育、習熟度別保育

  • 遊びを中心に豊かな感情や情緒を育む異年齢保育
  • 地域でなくなりつつある異年齢での子ども集団、子ども達の世界を尊重する保育
  • 生活は異年齢、課題保育は選択別や年齢別、習熟度別などねらいに応じて様々なチームで柔軟に動く保育
  • 保育者がチームで役割分担をする保育
  • 年齢別、クラス主義といったセクショナリズムを超えて、多様な職員チームで豊かな人的、物的な環境や選択肢を用意する
  • 出来るだけ活動に選択肢を設けるなど、子ども自らが意思決定にできるだけ参画し、自由と責任、権利と義務の在り方を学ぶ
  • 子ども達の個性や発達段階の幅を理解し、個々の習熟を促す環境や課題を提供する

繋がる、繋げる保育

子ども同士を繋げる保育

  • 少子化という時代背景の中で、大人との関わり以上に、子ども同士の関係性(育ち合い)を重視し、異年齢による子ども同士を繋げていく保育
  • 対話を重視し、価値観の違いを考える機会を多く作る保育
  • 共有したり分け合う、助け合う事に喜びを感じる体験の尊重
  • 個の活動を満たしながら自立した人間として相互に貢献し合える集団の構築

風通しの良い保育

  • 垣根が低い、風通しの良い保育園
  • 保育の透明性を高める。<保護者や地域の方達の参観や参加の推奨> <他園見学や見学、調査、研修者の受け入れの奨励>
  • より質の高い保育を目指し、各種専門機関、養成校などとの継続的な研修、研究事業の推奨
  • 様々な保育形態を学び、多様な意見を取り入れ、常にトライ&エラーを繰り返す
  • 機能上の労働分担を厳しくしすぎないようにし、タテの関係ではなく、より水平的、合同協議的な構造をもつ職員集団

共に生き、共に創り、共に育つ保育

  • 保育士からの一方的なパターナリズム(恩情主義)を見直し、子どもが意思決定に参画する保育
  • 保護者や地域の方々、保育関係者等と繋がり、共生、共創、共育する保育
  • 自由や権利を確保するため、責任や義務を皆で考える保育
  • 消費者やサービス提供者、競争相手といった様々な枠を超え、お互いの迷惑や失敗を許し合える関係性の構築
    共に建設的に子ども達の最善の利益を目指し創造性を刺激し合う
  • それぞれが主体性を発揮し、自らを省みる保育

豊富な生活体験、自然体験を通して学び合う保育

生活体験の尊重 <食育、栽培、飼育、清掃、おつとめ、お手伝いなど>

  • 家庭や地域で出来なくなってきた様々な生活体験、自然体験の尊重
  • 相互貢献、相互扶助を楽しみながら経験
  • 余裕を持って個別に柔軟に取り組む活動の尊重
  • 栽培や飼育などを通して、感謝の気持ちを育む保育
  • 仏様やご先祖様への感謝や祈りを育む保育

持続可能な社会を目指して(自然体験、環境教育)

  • どんぐり山での遊びなどを通して、自然を身近に感じる保育
  • 五感を通した自然体験から、自然の美しさや楽しさに気付きを促す保育
  • 自然との共存を目指し、山の恵みを生活に活かす保育
  • 継続性を考慮し、保育士だけでなく様々な人が参画する保育
  • 環境問題などを意識し、様々な恵みを、未来に生きる人たちのために、責任を持って使うような保育

異年齢での「協働」と「探究」

  • 世界への興味、関心を楽しみながら広げ、学びの根っこを育てる保育
  • 個別的学力から協働の学力へ <人と繋がる力の重視>
  • 子どもの探究や探索を出来るだけを邪魔しない大人集団
  • 分からないこと、知らないことを皆で学び合う保育
  • 発達の違う者同士が助け合い、学び合う保育
  • 就学に向けた興味、関心を育てる保育